\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

カードローン審査を通過して利用を認められたカードでも再度、審査が行われることがあります。

借入の完済後、解約を行わずにいて、長期間利用しなかった場合に多く、勤務先や居住物件、家族構成などが、借入をしていない間によくない方に変化した場合を考えてのことです。
再審査を通過できなかったら、同じカードであってもカードローンの利用ができません。借入ができるのは満20歳以上になりますが、それの上限は、信販会社などの消費者金融では69歳、銀行カードローンの多くが65歳と決められています。
この年齢で審査に通れば借入を行えますが、その後、カードローンの更新の際に年齢も自動で更新される為、上限年齢を超えると自動更新は行われずに解約となります。クレジット会社などの消費者金融の契約は5年おき、ほとんどの銀行では1年おきに更新が行われます。
モビットは三井住友銀行のグループなので、初めての方でも安心できる最も人気の秘訣といえるでしょう。
そして全国に約75,000台以上以上もの提携ATMがあり、面倒な書類をわざわざ送ることなくキャッシングを利用出来ます。
貸金業法の改正により1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収金額を証明することが義務付けられていますが、ひっくり返して言えばそれより下であれば年収証明がなくても問題ないということもありえます。ただし、それより少なくても年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。便利な点も多いキャッシング。しかし、返済が遅れるようなことがあれば財産を差し押さえられることもあるため、要注意です。


一般的に差し押さえられるのは預金口座や給料の場合が多いですが、給料を差し押さえられる場合、最大で4分の1までが対象となってしまいます。一方、年金の場合はもっと問題であり、振込先の口座自体を差し押さえされてしまった場合、1円も手元に入ってこないということすら有り得るのです。こうした事態を避けるためにも、くれぐれもキャッシングは計画的に利用するようにしてください。
なんらかの理由でお金を用意できないままだと、返済日の支払いができなくて結果として、延滞してしまった場合、連絡が次の日にはあるでしょう。

連絡を気にも留めずにいると、挙げ句の果てには差し押さえだって大いに考えられます。
このときは給与に対する実施となります。



テレビでは直接家に人が来て、差し押さえの作業をしているのが描かれていますがリアルでは起きません。
CMなどでも耳にすることの多いキャッシングというのは、手持ちのお金がなくてちょっと困ってしまったというときに貸して貰い受けるというような趣旨の借金のことなのです。
大きな金額の借り入れをするというのであれば、自分で責任がとれなくなった時のために、保証人や担保を要します。キャッシングを利用するという状況の場合には、万が一のときのことを考えての保証となるものは別に準備していなくても大丈夫なのです。申込みをしているのが本人だということが証明可能ならば、大体において障害なく融資をしてもらえるでしょう。
借入を利用したけれども、返済の目途が立たなくなったならば債務整理をしなければならなくなるといえます。



債務整理中は借入が不可能な状態となりますから、いろんなことができない状態になります。



不便ですが、この制限は仕方のないことと理解してください。


キャッシングやカードローンの支払いでは、ボーナスやベアのない現代型雇用を冷静に見据えてか、リボルビング払を選択する人が少なくありません。

毎月の返済額をあらかじめ設定するので、普段の支出に上乗せする形で無理なく払い続けることができます。
融資上限は決まっていますが、返済した分は復活するので、必要に応じてまた借りることも可能です。それでも期間は伸びるものの、月々の支払いは変わらないので延滞が発生しにくく、融通性も高いという大きなメリットがあります。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス