\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

法律によれば、年収の三分の一までの借入を限度とする総量規制が 適用されるのがキャッシングです。ですが、この決まりは消費者金融のフリーキャッシング、それに、クレジットカードに設定されたキャッシング枠を使ったケースで適用されるのです。金額に関係なく銀行のカードローンの借入は当てはまりません。

また、どんな契約だとしても、銀行からの借入については全て総量規制に該当せず、対象外となります。


キャッシングとは、無収入の専業主婦でも出来るものだということは、初耳だという方がたくさんおられると思います。ただ、専業主婦の方でキャッシング利用をするには条件があり、総量規制対象外の銀行からなのであれば、キャッシングを行うことが出来るようです。正規の消費者金融では、担保なしの代わりに必ず審査を受ける義務が発生しますから、無審査で融資してくれるところはあるはずがありません。

街中の消費者金融の看板の表記で、担保なし、無審査で貸しますと書かれている広告もありますが、これは明らかに違法に業務を行っている金融業者ですから、お金を借りてしまうと、違法な額の金利を請求されるため、くれぐれも手を出さないでください。
賢くキャッシングを活用する上でも、利息の計算方法について知っておきましょう。キャッシングの金利は一般的なローンとは違い、日割り計算なので、早く返済できれば、それだけ利息が少なくて済みます。
気楽な気持ちでお金を借りたとしても、早めに返済することで利息を小さくできます。なるだけ借入期間を伸ばさないことがキャッシングを便利に使うための要点だと言えるでしょう。返済の見通しがあったうえで、あくまでつなぎとして活用するのをおススメします。銀行ローンや住宅ローンを利用する際に、キャッシングの利用履歴、特に滞納したことがあると審査に落ちやすいという話があります。
ですが、それ以外にも信用機関に事故歴があると登録されることがあります。
具体的に言うと、普段使っている携帯電話やクレジットカードの支払いに間に合わず、滞納してしまった場合などです。

およそ5年から10年はこの情報は記録されますから、今、20代後半でキャッシングを利用しようと思ったら、学生時代に携帯電話料金を払いそびれたために、ローンやキャッシングサービスの審査が厳しくなってしまったということもよくあります。
今後のことを考えて、今現在から、返済については細かく意識しておきましょう。借入も返済もスマートにできるキャッシングは多忙な社会人には頼りになるパートナーとも言えます。でも、毎月の収入や固定支出を考慮せずキャッシングしていると、いずれどこかに皺寄せが来て、こんなはずではと思う羽目になります。


なんでもそうですが、気をつけて使えば便利なものってあるはずです。

自分の普段の収入と支出を意識して、その範囲内で堅実に借入・返済を行うように気をつけていれば、キャッシングのメリットを感じることができるでしょう。
一般的に、住宅用の宅地や家屋を購入する時には住宅ローンを利用しますが、この時に金融機関が提供するキャッシングサービスを使ったことがあると、審査をパスしにくいというのはよく聞きます。
どのような事情があったとしても、キャッシングで借金をする人は住宅ローンの返済能力に欠けるということになるようです。


未だに全額返済が済んでいないという場合や、期限までに完済できず、延滞してしまったのなら、住宅ローンの審査は落ちると覚悟しておきましょう。しかし、キャッシングの利用が五年以上前という場合は、あまり関係がないようです。金融業者からキャッシングで借りたお金を月ごとに分けて、返済しています。ですが先月、指定の口座に入金するのを忘れてしまっていました。


するとキャッシング業者から電話がかかってきて、入金忘れではないか、確認されました。

忘れていただけで返済するお金がなかったわけではないことをお伝えしました。忘れていた自分が悪いのですが、結局、遅延損害金を支払うことになったのです。



ここ数年のキャッシングはコンビニでお金を借りることができるものがとても増えています。普段使っているコンビニのATMですぐにキャッシングができるので、コンビニに行くついでにキャッシングが利用できて、とても人気です。返済する時も、コンビニから出来るというところが増えていますね。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス