\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

クレジットカード会社などからキャッシングする時はスマホのみで申し込みからキャッシング契約完了まで行える方法を探すとすぐに融資可能となることが多く、必要なお金を得るのにさほど時間がかからず便利です。
スマホを介して融資の依頼をすると良い点は外出中の時でもやりたいときに簡単に個人情報などを入力してスマホから申し込むことが可能で、とっさにまとまった額のお金が必要な時にも重宝するでしょう。

キャッシングと聞けば多くの方がカードローンと同じ意味合いだと思いがちですが、返済方法が異なります。一括返済をするという前提でクレジットカードを使って現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いにしたいという時はカードローンといわれます。
カードローンは毎月の返済は容易ですが、利息がかかりますし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。キャッシングは、定職につかず収入のない人でも利用できるというほど簡単ではありません。

ニートには収入が見込めないのでキャッシングができる条件をクリアしていません。自分で収入を得ることができなければ条件を満たさないので、ニートはキャッシングで借金ができる対象に入らないのです。銀行や信用金庫など金融機関の種類によってそれぞれ借り入れ可能な金額に違いがあり、小規模な取り引きやその日限定の融資だけでなく、300万円や500万円など数百万円程度の高額融資も必要な審査に通過すれば受けることができます。


申し込みをしてから融資してもらえるまでが短時間で済み、必要となったときにすぐにお金が得られるため非常に便利なこともあり幅広く利用されています。利用するにはそれぞれの金融機関が発行するカードを用いるというのがよくある借り入れの仕方でしょう。「名義貸し」はカードローンの契約に際しての禁止事項に該当します。


契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、利用者である妻自身が名義人となります。
支払いの責任を負うのは名義人である妻となります。


それが家族の間であったとしても、本人とは異なる名義で借入契約をすると法に違反することになります。

その行為を容認していた場合、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。審査には必ず、職場だと申告した先へ在籍確認という申込者が本当にそこに勤めているかが調べられます。
業者がその勤務先へ電話で確認しますが、申込をした本人が電話に出なくても問題ありません。



本人がその場にいなくとも、申告内容に間違いないと判断できれば在籍確認は認められます。


昔はカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。近年では法律も変わり、金利は厳しく制限されるようになりました。
ただ、利息制限法における上限は18.0%なのが、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利で貸し付けることができます。違法かというと、そうではありません。一般に、この金利の差をグレーゾーン(金利)と呼んでいます。ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、利用者が払い過ぎた金利部分を弁護士などを通じて返還請求を行うものです。
裁判所はたいてい業者より債務者寄りの判断をするため、多くの人が返金を受けています。

日頃の生活だけで手一杯の時に限って海外旅行に行こうといわれるなんてこともよく聞くことです。
大概の人は、海外旅行に年に何度も行けるものではないです。チャンスは逃したくないものですから、キャッシングの利用も考えてみて下さい。これまでにキャッシングの利用実績がない人は、30日間、元本だけの返済で済む消費者金融の利用も考えてみましょう。いまどきの借金は迅速性が売りです。
スマホやPCで申し込めば全国の銀行ATM(コンビニもOK)で、気軽に融資を受け取ることができるのです。
便利すぎるツールを上手に使いこなせるかどうかは、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。でないと便利さばかりが先行する危険なツールということになってしまいます。銀行の融資窓口や消費者金融の店舗では順序立てて説明してくれるので、欠点の少ないプランが立てられそうですが、無人状態でも同じ判断を自分に期待できるかどうかは、わかりません。
対面契約を全面廃止している会社は少ないので、まだまだ需要はあるようにも思います。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス