\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

コマーシャルなどでよく見かける業者から知名度の低いところまで、たくさんのキャッシング業者がサービスを提供しています。サービス内容も異なるので、ただ低金利のところが良いというわけでもありません。
ご自身の条件と照らし合わせながら時間をかけて選んでください。



なお、プロミスであれば、申し込みから1時間程度でお金を貸し付けてくれるうえ、新規契約ならば30日間は無利息で借りることができます。


カードを所有することで借金を知られてしまう心配がある人は、カードレスでもキャッシングができるので、こちらを選ぶと良いでしょう。
キャッシングという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、金融会社から数万円からといった低い金額のお金の貸し出しをして頂くといった類の借入をする際に用いる手段です。


借金の契約をするという場合ならば、大抵は連帯保証人や不動産を担保にして、最悪の事態に備えます。
けれども、キャッシングという性質の借り入れでは、家族に迷惑をかけるような保証人・担保の段取りをすることを強制されることはありません。身分をハッキリと証明することの出来る書類だけでも、すぐにお金を借りられるケースが大半を占めるのです。


自分がお金を借りていると公言できる人は少ないでしょう。

借り入れや返済は誰にも見られたくないと思うのが普通です。このような時、キャッシングを使えば心配せずに済みます。
昔は、金融機関に融資を申し込むときには、わざわざ金融機関の窓口まで行かなければなりませんでした。
ところが情報化社会ともいわれる今日では、ネットで申し込みから審査まで済ませられます。

ですから、人目を気にすることなく、必要な時にお金を借りることができるようになったのです。
現代人からしてみると、キャッシングサービスは気軽に利用できるサービスへと変化しているように感じます。個人で事業を営んでいる人が必要に迫られてカードローンを使用するなら、雇用契約を結んでいる人と異なり、一定の稼ぎがあるとは評価しにくいため、借入金額に関係なく、年収を証明する資料を渡さなくてはなりません。

税務署から収受日付印を押印した書類、たとえば所得証明書や確定申告書、交付される住民税決定通知書や課税証明書で、昨年の年収が記載している書類が使われます。カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。



クレジットカードと同様、使える金額の上限は既に決められているので、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。
カードの規制条件は、ローンカードだけのものではなくクレジットカードを含めたものなので、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと対象の規制なので、余分に借りることはできなくなり、契約中の借入金の把握がしやすくなりますね。


考え方としては、カードローンを組もうとした時に、別のカードで既に50万円のローン返済が進行中だったら、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことで簡単に把握できることで、ローンやクレジットの知らぬ間の増大を防止する歯止め効果は大きいようです。

一般的に現状の借入先以下の金利の会社に借り換えを行うのは、非常に有効な方法でしょう。



さらに、いくつもの借入先があるケースでは、一本にまとめることが借り換えで行えるのなら、そのほうが良いのはもちろんです。実際問題、一本化すれば、返済先が一箇所で済むため、忙しくても返済忘れがなくなりますし、借入が高額になれば低金利にも繋がります。

20歳を超えた学生でキャッシングしたいと思う方も多いと思います。でも、もし学業に専念している場合はキャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。アルバイトでも働いていなければ収入がないとみなされるので、仕方のないことです。とはいえ、アルバイトしていないのにもかかわらず、キャッシングの申込で嘘のバイト先を記入する学生もいます。一般のキャッシングと違って、学生向けキャッシングは在籍確認を取らないケースが多く、収入を証明する書類もいらないので、嘘の審査が通りやすいのです。



もし、嘘がそのまま通ってキャッシングできるようになったとしても、収入がない状態で借金をしていては、後で苦しくなるのは想像に難くないでしょう。



モビットから借入れを行う場合、ネットからの申し込みであれば24時間いつでも申請でき、申込みをしてから約10後には審査結果を確認できるようになっています。

またモビットは大手銀行とも呼ばれる『三井住友銀行』のグループなのでそれだけでも安心感があり、注目されている理由の一つであるといえます。便利なATMも全国に約75,000台以上もあるので、お近くにあるコンビニからでも手軽にキャッシングできるという点も嬉しいですね。ネット環境さえ整っていれば全てウェブ上で申請できるので、郵便てを送るという面倒な手間がかからないのもポイントですね。キャッシング審査にかかる時間を最短にしたい場合、本人確認ができる運転免許証などの書類を用意し、キャッシング業者の自動契約機で審査を受ければ簡単にごく短い時間で審査結果がわかるので、急な出費に応じられます。

キャッシングだけでなく、お金を借りるときには必ず信用状況の調査や勤務先への在籍確認が行われています。
期限までにきちんと返済すること、収入が安定していることなど会社の審査基準をクリアする必要があります。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス