\お金借りるおすすめ1位/

トップページ > 京都府 > 京都市

「どうしても今すぐお金が必要に」
「給料日までにお金が持たない」

当サイトでは京都府京都市周辺ですぐにお金が借りたい方へ、安心して利用できる即日融資可能なカードローンをご紹介しています。即日でお金を借りたいなら、審査が早く即日借入に対応している大手消費者金融のカードローン(※審査時間最短30分・融資時間最短1時間)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

融資とは保険会社や銀行といった金融機関から定められた少ない資金を融通して頂くことを意味します。普通は金融機関からお金を借りたいと思った時に様々な条件があったり、連帯保証人を立てたり、何か問題があった場合の保証金を準備する必要があります。その一方でキャッシングの場合は、連帯保証人も必要なければ担保も準備することなくお金を借りることが出来ます。本人確認できる書類があり、審査基準に通れば誰でも、普通は、融資を受けられるのです。



銀行が提供する銀行系キャッシングの一番の特徴は、金利があまり高くないので、利息が比較的安く済むということでしょう。
それから、法律によって定められた限度額の規制(年収の3分の1以下)の対象外ですから、ノンバンク系より限度額が高めに設定されるのも嬉しいポイントです。
申し込み時間によっては、その日のうちに融資を受けられますし、社会的な信頼度が高いのが銀行系キャッシングの強みでしょう。また、銀行系は提携しているATMが多いので、必要な時にすぐにお金を引き出したり返済することができます。

しかし、審査基準は厳しいので、落ちてしまう人も珍しくないのですが、可能であれば銀行系のキャッシングを選んだ方が使いやすいでしょう。


キャッシングの金利は借りた金額によって違ってくるのがメジャーなパターンです。

借り入れ金額が少しだと高額利子になりますし、多いなら低金利になります。

そのため、いくつかから少し借りるより、まとめて一カ所から借入れた方が損になりません。すぐにキャッシングでお金が欲しい人は、写真付きの本人確認書類を持参して自動契約機で申し込みをすると簡便で、審査も短時間で終わるので、突然の出費対策に向いています。

金額の多少に関係なく、借り入れを申し込めば過去の信用状況を調査し、勤務先への在籍確認をして審査を行います。
期限までにきちんと返済すること、より安定した収入の確保といった、借りたいプランに必要な条件を満たすことが必要です。祝日や休日にキャッシングができるのか不安に思った方はいませんか?安心してください。そもそも、消費者金融には曜日といった考え方はありません。


年末年始以外、多くの業者が毎日午前9時から午後9時まで営業しています。



言うまでもなく、借入申請にも対応しているので、たとえキャッシングをしたい日が日曜日であっても、時間帯によっては、その日のうちに希望する方法でキャッシングできるはずです。今の時代、キャッシングの申し込みはとても簡単で便利なものになりました。とはいえ、何も準備しないわけにはいきません。

契約には、本人確認できる書類を用意しましょう。



代表的なものは運転免許証ですが、なければ健康保険証、パスポートなどを準備しておきましょう。

なお、全ての書類ではなく、どれでも良いので、一つだけ準備しておいてください。
例えば、免許を持っている人であれば保険証の準備は必要ありません。

もし、このような書類が用意できないという場合は、住基カード(住民基本台帳カード)や2015年末から通知されたマイナンバー個人番号カードであっても利用できるケースもあります。カードローンに少しでも得を求めるなら、無利息期間サービスを活用することがポイントです。
期間は業者ごとに違ってきますが、契約から30日間が大半で、この期間内であればいつ返済をしても気になる利息が掛かりません。
仮に、返済が終えてなくても、返済したその日までの利息が全て請求されるわけではありません。利息が生じるのはサービス期間の後の日数分です。

急にお金が必要になった時、多くの人がキャッシングやカードローンを利用すると思います。

ところで、この二つのサービスにおける、それぞれの違いが分からない人もいるでしょう。



どのような違いがあるかと言うと、キャッシングは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。
一方、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、返済方法が分割払いのサービスがカードローンと言われるサービスです。

こうした特徴を持つカードローンは、審査に通りにくいと言われています。



プロミスからの融資を希望している場合には、インターネットや電話、店頭の窓口やATMから簡単で便利に届け出る仕組みができています。三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座を持っていれば、PCなどを使って融資の申し込み受付が受理されてから10秒程度で平日でも土日祝日でも24時間こちらの口座に振り込まれるというサービスを手軽に活用することができ、さらに便利です。



女性限定で使えるダイヤルや30日間の無利息サービスなどもプロミスがたくさんの人に選ばれている理由でしょう。

京都府京都市の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス