\お金借りるおすすめ1位/

トップページ > 東京都

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは東京都ですぐにお金を借りたい方に、おすすめの即日カードローンをご紹介いたします。今日中にお金を借りたいなら、審査が早く即日融資可能な安心の大手カードローン会社でのキャッシング(※最短1時間融資可能)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

お金借りる基礎知識コラム

消費者金融などで借り入れをしている人がどこへ行ったか分からなくなってしまった時には、返済に時効はあるのでしょうか?もしも、あるのなら、行方知れずということにして、どこかに隠れて借金の時効が経過したら帰る       といったことをたくらむ人もいるかもしれないと思います。借入金を返却する方法にはたくさんの方法が存在しますが、店頭で支払うこと以外に口座自動引き落としや銀行振り込みを利用したり、キャッシング会社やコンビニなどに設置されているATMでも振込みをすることができます。一般的ではない方法では現金書留でも支払いできますが、最も多い方法は現金自動預け払い機を通して支払う方法です。業者によってカードローンの返済方法に違いがありますので、整理してみます。
銀行系でローンを組んだ場合の返済は口座引き落としでの返済が多いでしょう。また、消費者金融や信販会社においては、それ以外にも、振り込み、または、ATMでの返済も出来ます。
返済方法は色々ありますが、できるだけ手数料が負担にならないようにお金を返していくのが適切な返済方法だと言えます。消費者金融でキャッシングするには借り入れのための審査に通る必要がありますが、各社それぞれ基準を持っていて一緒ではないそうです。だから、全体を見た時、それほど厳しい審査を行わずに貸してくれる会社もあるようです。



だから、もしも自分の支払い能力に心配がある場合でも諦めないでいいですから、借りやすいところを探すとよいでしょう。キャッシングとカードローンは同様にATMで借入れができるので異なる部分が分かり難いですが、お金の返し方が異なっているのです。

一括払いがキャッシングの基本で、カードローンは分割払いが当たり前とされています。

ですが、直近ではキャッシングでも分割やリボ払いが可能なところもありますので、はっきりとした区別が失われつつあります。

キャッシングというと、カードローンと変わりないと思いがちですが、返済方法が異なります。一括返済する目的でクレジットカードを使い現金を下ろすのがキャッシングで、分割払いにしたいという時はカードローンと呼んでいます。カードローンは月々の返済は簡単ですが、利息がかかることを考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。必要な時にすぐにお金を貸してもらえて、なおかつ返済できる場所が多いのがインターネットを使ったキャッシングの強みでしょう。

基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、このキャッシングの強みです。例えば、利用明細といったものは全てネットで確認できるので、情報端末の管理を怠らなければ、見つかる危険性は少なくなるでしょう。キャッシングの借入金の受取口座をご自身のネットバンキングにすれば、ますます使いやすくなります。

キャッシングという言葉が示すのは、消費者金融などから生活費ぐらいのごく少ない金額に関する融資を受けるという意味合いを持っているのです。



一般的には、お金を融通してもらうとなると、連帯保証人を用意したり、所有する自宅や土地を担保にしなくてはなりません。ここで注目したいのが、キャッシングであれば債務者が支払い不可能になった場合を想定しての保証を準備する心配がない気軽に利用できる借り入れ手段です。
運転免許証を始めとする身分証明書さえ持っていれば、大半は借り入れが出来ると思っていて良いでしょう。何社までなら利用しても良いという決まりがカードローンにある訳ではありません。



とはいえ、利用を同時にできるのは最大で三社くらいです。それを超えた利用になると、まだ申込の段階で、そのときの返済状態がどうであっても、落とされてしまう可能性が高くなります。
なぜかというと、借入件数の多い人は、新たな借入を行って、これまでに作った借金の返済をすることも少なくないからです。


東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス