\お金借りるおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
お金借りる方法はこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

お金借りる基礎知識コラム

クレジットカード会社などからキャッシングする時はどこかに出向くことなくスマホだけでお金を借りる方法を探すとその日のうちに融資されやすく、時間が限られているシチュエーションでも便利です。

スマホを介して申し込むと良い点はどこかに出かけている時でもやりたいときに簡単に入力必須項目を送信でき、突然入り用になったときにも力になってくれることです。

新規契約時など、一定期間ゼロ金利というキャッシングサービスを見かけることが増えてきました。

実は、このサービスと新規公開株(IPO)を結びつけて運用すると、お金を儲けられるかもしれません。

キャッシング業者から借りたお金を元手に希望するIPOの抽選に参加します。

無事に抽選で選ばれれば、場合によっては大きな利益を生むことができます。

それに、もし外れてしまっても、戻ってきた資金を返済費用にすればいいので、ご自身が損することは無いと思います。

注意したいのは、これ以外の資産運用のためにキャッシングでお金を借りることです。

場合によっては借金が膨らむため、おススメできません。

一昔前には、お金を借りると言えば、余程の事だったので、その人が借りたお金を返せる人なのかの判断のためだけにでも、収入の如何を問うと思われますが、その保証が不要と言うのは、あり得ないほど無謀なことだと誰でも考えるはずですが、こんな時代ですから、借りる金額がさほど多くない限り、収入の多寡を問われることなどなく、証明書の提出も求められることがないのが、普通で、手続きが以前と比べて簡便になってきています。

保証人もなしの小額融資とはいえ、上限は数百万円と常識的に考えれば、とてもそうは言えないような金額のようです。

以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも収入に関する如何なる保証もなしで実行されるということですよね。

嘘のような本当の話で、救われる人も多いことでしょう。

キャッシングはまず自分の状況を把握してから現金が必要になってしまったという時などに頼りにすれば日々の生活をアシストしてくれる心強いものなのですが、抑えておいてほしいポイントとして細かく計画をせず考えないままでご自身の許容範囲である借金額を超えてしまった多額の借金を負ってしまいますと返済が出来ずに迷惑をかけることになってしまったり更に借金を重ねてしまい収集がつかなくなってしまう方もいるので注意を怠ることなく使用していきましょう。

消費者金融から借金をしたいと思ったら、いくらまで借りることが可能なのか?と不安になるという人も多いのではないでしょうか。

出来る限り多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律によって年間収入の1/3までと規制されており、借入をすることができないことになっています。

学生であっても条件によってはキャッシングできることをご存知ですか。

具体的には、成人済みでバイトなどをしていれば、キャッシングに申込できます。

なお、学生ローンの中には未成年(18歳以上)でも融資をしてくれるところがあり、キャッシングに比べると低金利のところが多いです。

あるいは、クレジットカードを作って、そのキャッシング枠で現金を工面できるでしょう。

しかし、どの方法を採るにしても、収入がなければ審査落ちになります。

返済の見込みもない学生に融資してくれるのは闇金や違法な業者しかありません。

まともな金融機関であれば当然、カードローンの申込があったときは、もれなく審査を行います。

こうした審査は、利用者に希望額の融資をしてもスムーズに返済が行われるかどうかを判定します。

その人の職、勤め先と勤続年数、年収や家族構成等の属性面と、各種ローン契約利用状況など信用の面から総じて考えて、問題なしと判定されれば、審査を突破できます。

すでにご存知かもしれませんが、キャッシングの返済方法は、一括返済と分割返済に分かれています。

総返済額を少なくするなら、一括払いです。

利息が少なくて、当然ながら、安くなります。

とはいえ、大きな額を一括で支払うのは難しいですよね。

そこで分割払いが出てくるわけです。

トータルで支払う額がアップするものの、分割の回数を選べるので、収入に対する支出を、無理のない程度に抑えることができるのです。

なんとか我慢してとは考えないほうが良いでしょう。

生活スタイルに合った返済方法を選ぶことが大事なんですね。

親や親族に借金する場合の心象がよくなる言い訳として、1人暮らしの最中に突然会社から解雇されて生活費が底をついたり、生活していくうえで学費が捻出できなくなったりなどの了承せざるを得ない理由を述べる事です。

自分の楽しみに使うお金などの生活をしていく上で必要ない理由を述べる事は、避けた方がいいでしょう。

少額でもキャッシングを使っている人は自分がよく利用する会社の金利を把握し、それに加えて他の会社の金利も日頃からチェックしておきましょう。

低金利の会社を見つけられたら、すぐ動きましょう。

そちらに借り換えし、毎月の支払い額を抑えることが可能になります。

借りる際は、わずかな金利差でも年単位で見るとその金額の違いがわかるでしょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス