\消費者金優.club1位/

トップページ

「今すぐお金が必要!」
「給料日までお金が足りない!」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\今すぐお金借りるなら/
【消費者金優.club】

24時間365日申込OK
パソコン・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。 お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。【消費者金優.club】でご紹介した消費者金融ならスマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスが評判ですよ。

【消費者金優.club】コラム

キャッシングには審査があり、それをパスしないとキャッシングをする事は不可能です。

それぞれの会社によって審査のラインは違うので一様にどのような事に注意すれば通過しやすいとは言えませんが、収入がだいぶ関係しています。

あちこちの会社からキャッシングをして、まとめたいケースは当然出てくると思います。

そういう時はおまとめローンを考えてみてください。

このようなローンを利用することによって、多数の借金を一つにまとめることができてしまうのです。

これは借金を返していくことが容易になる非常に良い方法です。

最近は時代が変わったなと思います。

キャッシングといってもスマホでポチッと申し込むと即日で銀行に振り込まれ、本当にこんな簡単でいいのかなと思うくらいすんなりとお金が借りられるのです。

ただ、これが良い結果になるか、悪い結果になるかは、ユーザーの冷静な判断力や常識的な金銭感覚が大切だと思います。

それが欠けていると場合によっては危ないことにもなると思います。

銀行の融資窓口や消費者金融の店舗ではこちらの考えが漠然としていても向こうで整理してくれますから、他人(担当者)から見ても無理のないプランニングができそうです。

しかし非対面方式で同じことができるのかはわからないですよね。

いろいろ迷うのであれば、対面での契約は利点があるかもしれません。

近年、多くのキャッシング会社が、借りたお金をすぐ返済すると(上限はありますが)、なんと金利が無料といったびっくりするようなサービスをやっています。

これはおおむね30日以内といった制限が設けられているようなのですが、5~10万円くらいの少ないお金をキャッシングするのなら、利用したほうがいいでしょう。

貸金業法の改正により1社で50万、もしくは他社と合わせて100万を超えるキャッシングの場合は年収を証明する書類が必要ですが、ひっくり返して言えばそれに満たなければ年収証明がなくても問題ないという解釈もできます。

ただし、それより少なくても年収証明を提出できるほうがより良いとは考えられるでしょう。

初めて作ったクレジットカードのことは、いまでもよく覚えています。

あれは入社2年目で、遠方へ配属が決まったときでした。

自宅通勤から一人暮らしになるので、いわば保険がわりの一枚です。

それまでネットの買物は親のカードで決済していましたが、やっと自分のカードが使えます。

翌週、書留が届いているなと思ったら、先日のクレカでした。

よくよく見てみると、キャッシング枠があるじゃないですか。

申し込むときに20万円までに設定しましたが、最大で50万円までなら本人確認なしに(カード作るとき確認しているので)、借りることができるのに気づきました。

なくしたりしたら大変だなと思ったことを覚えています。

ものすごく差し迫っている場合でも、カードローンの申込の前には、しっかりと比較した上で決めるべきです。

銀行か消費者金融がカードローンの申込先としては挙げられますが、銀行の金利の方が低いというのが一般的です。

とはいえ、その一方、審査での通りやすさは消費者金融に大きく引けをとります。

それだけでなく、消費者金融においては、申込後、すぐに借入まで至ることができ、両者ともメリットとデメリットが挙げられます。

キャッシングを契約する場合は勿論、キャッシング限度額もポイントになるものです。

利用限度額が50万円以下ですと、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約可能だからです。

けれども、借入限度額が 50万円を超したり、他社からの借入金額を加えて100万円を超えてしまうと、所得証明書の提出を求められることになり、事務が多少繁雑になるのです。

私の友人は交際相手にも言えないカードローンでいつもお財布の中が苦しいという状態になっていました。

転職先の給与が低かったのにミエをはって以前と同様にお金を使っていたので、一気にお金が足りなくなってしまうのも当然ですよね。

そのとき過去に一度だけ利用したことのあるキャッシングに手が伸びたんです。

でも、借りたお金ですから返さなければいけません。

そこでやめておくということをせず使い続けたので、借入金の元金を減らすめどが立たず、父に相談したらものすごく怒られ、親が肩代わりする形で全額を繰上げ返済したのです。

キャッシングを行ったものの、返済の目途が立たなくなったら債務整理の対象になるのです。

債務整理中は借入ができない状態となるので、たくさんのことができない状態になります。

不便ですが、この状態はどうしようもないものだと考えるようにしてください。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のプロミス/
【消費者金優.club】