\消費者金優.club1位/

トップページ

「今すぐお金が必要!」
「給料日までお金が足りない!」

当サイトでは今すぐお金が借りたいけれど審査が不安という方に即日お金が借りれるカードローンをご案内します。

\今すぐお金借りるなら/
【消費者金優.club】

24時間365日申込OK
パソコン・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。 お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。【消費者金優.club】でご紹介した消費者金融ならスマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスが評判ですよ。

【消費者金優.club】コラム

カードローンやキャッシングでお金を借りているときは、延滞だけは避けなければいけません。

延滞するとそのカードは使えなくなってしまい、ほかのカードも順次利用停止になるでしょう。

その後、自宅あてに書面での督促が送られてきます。

開封しない、気づかなかったという言い訳はききません。

無視する状態が続くと、元々借りていた会社から別の会社(回収業者)へと債権が移され、裁判という事態になるでしょう。

延滞しないことが第一ですが、もし期日に間に合わないようならその会社に連絡してください。

分割払いの回数を増やしたりリボにできるケースもあります。

具体的に、何社までなら利用可能という決まり事が金融機関やカードローン会社に存在する訳ではないといえます。

そうはいっても、実際に利用する際、同時に利用可能なのは最大で三社くらいです。

三社を超えた利用になりますと、返済状態などに関係なく、申込段階で、落とされてしまいます。

複数の会社から借りている場合、他社に返済しようとして、新たに借入を行うことが少なくないからです。

延滞や虚偽申請などで事故履歴が残ることを「ブラックリストに載る」「ブラックになった」と言います。

その対象者でも、お金を貸そうという企業が、ないわけではありません。

もちろん、コマーシャルや電車広告を出しているような老舗金融や銀行の場合は申し込んでも断られてしまうので、結局は、中規模クラス以下の消費者金融に申し込むわけです。

テレビ番組などでご存知かもしれませんが、小さな会社は「大手で借りられない客」を相手にするので、集客のために名前を売る必要がないですから、ブラック企業的な行動が見られることが多いです。

大手でも審査が甘いほど高利になりがちですが、中小ならなおのこと当然ですね。

キャッシングの利用が初めてだという方に知っておいて頂きたいのですが、お金を借り入れる前にはいくつかのキャッシングサービスを見比べて検討しておくべきです。

オンラインキャッシングが可能なサービスや、専用のATMでなくても、居住地にあるコンビニATMで借入返済が可能なところもあるのです。

複数のキャッシング業者の情報を収集し、それぞれを比較して最適なサービスを選びましょう。

とはいえ、サービスの数が多いため情報をまとめるのも大変だと思います。

そのような場合には、簡単に比較できるキャッシングの総合サイトや実際に利用した人の感想などを載せたサイトをしっかりと読んで、ご自分に合ったキャッシングを見付けてください。

キャッシングを行って三ヶ月支払いが滞ると、裁判手続きを取らざるを得なくなってきます。

ということが載った書面が届きます。

返済が滞っても、電話してくるだけなので、つい知らないフリをして返済を先送りしてしまいます。

しかし、書面に裁判をいう文字があると、恐ろしくなりそのまま無視はできません。

まだわからないかもしれませんが、これから先、複数に渡って融資を受けるだろうと思っている方は、行きやすい場所にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからどこから融資を受けるのか考えてみましょう。

また、便利な場所にATMがあると、安易にお金を借りてしまいそうだと不安な方は、逆にあえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも間違いではないですが、デメリットとして、返済も面倒になるという点が挙げられます。

ご自身の性格を踏まえて、どちらを利用するのか検討してみてください。

消費者金融などからのキャッシングというのは基本的には早い段階できちんと返せる程度の少額を受け取って貸し借りの契約結ぶということです。

一般的に考えると、お金を借りることになったのならばその代償として保証人や担保(物件や土地など)を用意します。

しかしながら、通常のキャッシングを利用するという際には誰かに保証人になってもらったり、物件を担保にする複雑な手続きなども必要ないことがほとんどです。

利用者ご自身だと証明することが出来る資料を提出すれば、貸し付けをしてもらえますからとても便利なのです。

これはカードローンに限定した話ではありませんが、借金をする時に、お金を貸す側が最も重視するのが、借りる側が返済出来るかどうかです。

ですから、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンなどでお金を借りていると、住宅ローンの返済が見込めるか、その能力があるのか、などの不安要素によって不利になると言わざるを得ません。

現金を借り入れするいわゆるキャッシング時には、どのような状況でも査定をクリアする必要が出てきます。

給料や勤務先、すでに他で借り入れがあるのかなど融資をして大丈夫かどうかという判定にかけられます。

すべてが終わるまでのタイムはスピーディーな会社の場合半日や一日など待たされることはなく僅か一時間足らずできちんと結果が出てくるものだと言えるのですが、業者に知らせた勤務先に所属しているか確認が取れた後に初めて現金を引き出しすることが出来るようになるため、申請書の記入ミスなどにも気をつけていく必要があります。

アコムの借入れを初めて契約される方に限り特典があります。

申請した日から最長で30日間以内なら、金利ゼロで利用頂けるのです。

便利なスマホからのご契約して頂く事も可能ですし、便利なスマホアプリ「アコムナビ」をダウンロードして頂くと、書類提出機能がついているのでとても便利ですし、今いる場所から最も近くにあるATMを検索する事が出来ます。

また借りたお金の返済プランも計算する事が出来るので、計画的にキャッシングを利用したい方におすすめです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のプロミス/
【消費者金優.club】