\消費者金優.club1位/

※当サイトはプロモーションを含みます

トップページ > 東京都

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは東京都ですぐにお金を借りたい方に、おすすめの即日カードローンをご紹介いたします。今日中にお金を借りたいなら、審査が早く即日融資可能な安心の大手カードローン会社でのキャッシング(※最短1時間融資可能)がおすすめです。

\[PR]今すぐお金借りるなら/
【消費者金優.club】

24時間365日申込OK
パソコン・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 東京都の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

本日中に借りるなら21時まで
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円最短20分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 申込から借入まで最短20分で完了(本日中に借りるなら21時まで)
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 東京都の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息サービス(アコムでの契約が初めての方)
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。 お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

\最短18分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • 今日中に借りれます(※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。)
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 東京都の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。【消費者金融おすすめランキング】でご紹介した消費者金融ならスマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスが評判ですよ。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しアコム社・プロミス社・アイフル社から委託を受け広告収益を得て運営しています

【消費者金優.club】コラム

普通、カードローンで借り入れをしたお金は決められた返済日に支払いますが、一括返済も可能です。

この場合は当日までの金利が日割り計算されるため、その金利を含めた全てを返すことになります。

まだ支払い回数が多く残っていたら、まとめて返してしまうことで、金利を余計に払わなくてよくなるでしょう。

一括返済できそうな時は、全額返済を最優先にして、1円でも少ない金利に抑えましょう。

借入を行ったものの、返済が不可能になったら債務整理をしなければならなくなるのです。

債務整理をしている期間中は新たな借入ができない状態となるため、様々なことが制限されます。

不便ですが、この制限はやむをえないものと考えるようにしてください。

キャッシングするときは、できるだけ安全な会社から借りたいですね。

「大手」も信頼のひとつになるかと思います。

銀行系と消費者金融系に分かれていて、銀行系ならSMBCモビットやノーローン、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。

こういった老舗・大手を利用するメリットは、利率が低いことでしょう。

CMで呼びかけているように計画的な利用が大前提になりますが、大手ならではの低い金利負担で支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。

また、キャッシングで一番怖い「延滞」の危険性も避けられます。

いくらキャッシングとはいえ、誰にも無条件でお金を貸してくれるわけではありません。

もちろん、キャッシングで融資を受けられるかについては、審査を受ける必要があります。

この審査をパスしたら、条件によっては即日で貸し付けてもらえます。

ですが、審査をパスできないこともあるのです。

一般的に、申し込みだけなら無料なので、先に申し込みをして審査をパスしておきましょう。

そうすると、いざと言う時に、申し込みの手間や審査に落ちて融資を受けられないといったリスクを避けることができます。

消費者金融系のキャッシングローンは、銀行に口座がなくても借り入れができます。

自動契約機でも、店頭でも、本人が行けば、銀行口座を経由することなく審査がその場で行われ、すぐさまお金が手に入ります。

借り入れに必要なカードが郵送されるので、利用できるまでに時間はかかりますが、ネットからの契約ができる会社もあります。

意外ですが、銀行系のローン会社の中には、自行の口座がなくてもATM経由でキャッシングを行っているところがあります。

キャッシングとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかはっきりとしないという人も少なくないでしょう。

おおまかに言えば、キャッシングは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。

一方、数十万から数百万円まで、大きな金額を借りることができるため、返済が基本的に一括払いできないものがカードローンと言われるサービスです。

大口融資に対応したカードローンは、審査に通りにくいと言われています。

突然の出費でまとまったお金を準備したいけどどうしても貯金に手を付けられない、といったお困りの状況だったら便利なキャッシングがあります。

派遣社員やアルバイトなど一定の収入を得ている方であれば融資を受けることが可能ですし、専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があったら、貸してくれる業者が見つかるでしょう。

ある一定の条件をクリアできれば、即日融資も可能です。

振り込みや資金管理などでネットバンキングを使っているという方も多いのではないでしょうか。

ネットバンキングはその手軽さと手数料の安さから、多くに人に利用されており、ネットバンキングに対応した企業も増えています。

こうした傾向はキャッシングにも見られ、ネットを使ったキャッシングサービスの利用者が急増しています。

インターネットでキャッシングを申し込むと、その日のうちに貸付金を振り込んでもらえるので、必要な時にはとても役に立ちます。

キャッシングにはカードが必要になりますが、それを手にする前からキャッシング業者からご自身の指定した口座に貸付金が振り込まれます。

また、金利は日割り計算ですから、返済が早ければ利息がほとんど付きません。

とはいえ、審査が簡略化されている訳ではありません。

通常の店舗申し込みと同様に審査されますので、審査に落ちることも少なくありません。

キャッシングの支払いができなくなってくると、返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと真剣に考える人が出てきますが、ほとんど成功しません。

キャッシング業者からの踏み倒しを考えた場合、最後の手続きから5年経てば借り逃げに成功したと言えますが、その間に一度でも連絡が付いてはいけませんから、携帯電話などのすべてを解約し、住民票を移すこともできずに逃げ回らなければいけません。

しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、その時点で時効が中断され、場合によっては10年延長されることもあります。

現実的な方法で問題を解決する道を探したほうがよっぽどマシだと思います。

若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、キャッシングの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。

しかし実情としては、利息を制定した法律(利息制限法)では18%の金利までしか認められないのに、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付ができるという状態でした。

両者の間には11%もの開きがあるのに違法ではないのは、登録業者だからです。

この18~29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。

ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、利用者が払い過ぎた金利部分を法律事務所を通して返金してもらうというものです。

東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和5年8月31日現在
【全業者数:268】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\[PR]おすすめ1位のプロミス/
【消費者金優.club】

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます