\消費者金優.club1位/

※当サイトはプロモーションを含みます

トップページ > 鳥取県

「急な出費で今すぐお金が必要」
「今月ピンチ!給料日までにお金が足りない」

当サイトでは鳥取県ですぐにお金を借りたい方に、おすすめの即日カードローンをご紹介いたします。今日中にお金を借りたいなら、審査が早く即日融資可能な安心の大手カードローン会社でのキャッシング(※最短1時間融資可能)がおすすめです。

\[PR]今すぐお金借りるなら/
【消費者金優.club】

24時間365日申込OK
パソコン・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 鳥取県の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

本日中に借りるなら21時まで
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円最短20分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 申込から借入まで最短20分で完了(本日中に借りるなら21時まで)
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 鳥取県の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息サービス(アコムでの契約が初めての方)
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。 お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

\最短18分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • 今日中に借りれます(※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。)
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 鳥取県の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。【消費者金融おすすめランキング】でご紹介した消費者金融ならスマホから審査に申し込みすると、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物無しで家族にバレずに借り入れしたいならプロミスが評判ですよ。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しアコム社・プロミス社・アイフル社から委託を受け広告収益を得て運営しています

【消費者金優.club】コラム

キャッシングは便利なものですが、借りたお金の返済が滞ってしまうと財産を差し押さえられることもあるため、要注意です。

差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、20万円の給料なら5万円まで、最大でも4分の1の額が差し押さえ対象になるのです。

給与は4分の1までなのに対し、年金はもっと問題で、年金の振込先口座が差し押さえの対象として指定された場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないことすらあります。

そんなことにならないように、返済の目途をちゃんと立ててキャッシングを利用しましょう。

キャッシングの持つ意味合いは、貸し付けをおこなう会社から大金ではなく、普段使いする程度の額の融資を借り入れる際に使用される言葉なのです。

貸金業者等よりお金を融通してもらう時には、まず家族、親族、友人などに保証人をお願いしたり、高額なものを預けたりします。

それが、キャッシングという方法をとるならば誰かに迷惑をかけてしまうような保証人・担保といったものは必要もなく手続きはとても素早く終わらせられます。

ごく普通に使用している免許証や保険証などを提示すれば、大体の場合、それだけで現金の貸し付けをしてもらうことが出来るのです。

最近では、TVCMや雑誌の広告欄でキャッシングサービスの宣伝をしていることがあります。

これまで一度もキャッシングをしたことのない人からしてみると、どのサービスも似たり寄ったりに感じるかもしれませんが、同じ条件でも業者によってキャンペーンを行っている場合もありますし、金利も同じではありません。

この点を理解しないままお金を借りてしまうと、金額自体は少額でも、その数が増えれば高額の返済に追われることになるため、気を付けましょう。

キャッシングを契約する時の必要書類は主に二つだけです。

まず思いつくのが、本人確認の類でしょう。

一般的には、殆どの人が運転免許証を使っているようです。

また、所有していない人は、健康保険証やパスポートでも本人確認書類として使うことができます。

次に必要なのが、収入証明書類です。

給与所得者の場合は給与明細書や源泉徴収票、所得証明書などを用意しましょう。

発行のための手続きが要るものも多いので、前もって用意しておいてください。

いまどきのキャッシングはネットでクチコミが広がるからか、利用者に便利で使いやすいサービスを重視するようになってきています。

とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと申込から審査、融資までがスムーズに行えることでしょう。

当然ながら書類の郵送も必要ありません。

利用状況や会社によって条件が異なるようですが、だいたい50万までの少額融資だったら免許証か、その他の本人確認書類さえあれば写メやスキャナを利用してどこにも出かけることなく手続きできるのです。

契約完了後は銀行に入金してもらえばコンビニに設置されている銀行ATM等でお金を受け取れるので便利です。

キャッシングで生活費を工面するという場面では、必要な分だけをキャッシングするようにして、十分に返済可能な額にしておかなければ、時として返済に追われることも出てくるでしょう。

ちょっとの生活費だからと甘く見ていてはいけません。

繰り返していれば、いずれ考えてもみなかった金額になっていることもありますから、簡単な気持ちや見通しでキャッシングをするのではなく注意するべきです。

大切なのは、キャッシングに頼る前には必ず、どのように返済するかをよく検討してからにしましょう。

あまり知られていないのですが、これまでにキャッシングを使ったことがないというケースでも、事故歴があると見られるケースがあります。

どのような場合にそうなるのかというと、公共料金や携帯電話、クレジットカードなどの支払期日に間に合わず、滞納してしまった場合などです。

こうした事故歴は全て信用情報機関に残され、消えるまで最低でも5年はかかります。

ですので、はるか昔に一度滞納したことが要因になってキャッシングで厳しい審査をうけるという事例も珍しくありません。

今後のことを考えて、今現在から、返済については細かく意識しておきましょう。

何社まで融資を受ける先を利用していいのかというのは結構判断に迷う所でもあります多くの借入先があると返金が困難となってしまいますが、なにがなんでも借りたいなら多数利用しても問題ありません。

少しずつ条件は厳しくなりますが、審査を切り抜けることができれば利用可能です。

新たな会社でキャッシングを申し込むとき、すでに他の金融業者との間で貸借経験のある人は注意しなければなりません。

延滞などの事故歴が残っていると新しいローンの審査には障害になるかもしれません。

実際に延滞中でも借りることができた人はいますが、あくまでも業者判断ですし、提出書類が多くなったり、金利面で折り合いがつかないなど微妙な問題点も出てくるでしょう。

また、事故顧客リストに名前が載っていたり、2ヶ月ないし3ヶ月以上の返済遅延がある場合は新規にカードローンを組むことは断られると思って間違いないです。

法律で定められたキャッシングに関する規制というとよく知られているのが、総量規制でしょう。

借り入れ限度額が年収の3分の1という規制のことです。

これは消費者金融の規制になりますので、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、該当しません。

数社で債務がある場合はこれまでの借金額も全て含めたものが判定額になるのです。

鳥取県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和5年8月31日現在
【全業者数:268】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\[PR]おすすめ1位のプロミス/
【消費者金優.club】

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます